臥薪嘗胆、否、勇往邁進である!

ロト・ナンバーズ
05 /20 2020
raiden.jpg


業界は変わった。
大衆の遊び場だったパチンコ屋はタバコさえ吸えなくなった。


業界は変わった。
駅前のパチンコ屋はコロナ禍に巻き込まれ続々休業、さらには閉店も続出している。


業界は変わった。
時代が流れ、規制や色物だらけの6号機で喰うに食えない機種だらけ。



しかし、ヒトはまだ変わることが出来ずにいる。
そう、自分、ライデン早田も生え際が見つからなくなるほど後退し(自虐)、緊急事態宣言が解除された地域に遠征をしているのだった。

自粛警察の皆さん、パチンコ屋さんに止めてある私の車には何もしないでくれて有難うございます
っていうかパチンコ屋さんに止めてある車は全部パチ利用客だし、自粛警察ごっこには興味も持っていないのか。
アドバイスに従って「※※市内在住です」という張り紙をしておいたが(恥)


なぜそこまでしてパチンコ屋に行くのか?だって?
答えは簡単、パチンコパチスロが食い扶持だから。それだけだ。
持ち家や自家用車があれば、この時期には税金のお知らせが届くのだ。


独身ゆえ、多少の貯蓄はあれど固定資産税や自動車税の金額にはビビるのである。冗談抜きに。


一部地域が緊急事態宣言が解除され、一部地域ではパチンコ屋さんが営業再開しているわけで。
貯金額の増減にビビりつつ、5月も最低でも30万は利益が必要なワケだ。


現状、プラス19万。
ジリ貧である。

このところ、一進一退で忍耐力や自尊心、そして残りの髪の毛がどんどん抜けていく。

毎回ブログを更新するたびに言っているが、


もう本当にダメ。限界。

gaiji.jpg


といっても簡単にどうにかなるものでもないし、パチ屋がイベントでバカ出しする見込みもないし、言ってみれば40代、無職の禿が今から就職できるほど世の中は甘くないのである。

ということで、お約束の数字選択式宝くじなのである。



いや、これがまたかなり効率が良い。
当たれば数万から数百万まで、さすが数千万や億という話ではないが、自分、ライデン早田は既にパチンコパチスロ収支よりも圧倒的にロトやナンバーズの当たりによる収入が増えている。


ただ、毎日必ず当たるわけでもないし、仕事としては不安定、どうかするとギャンブルであるパチンコパチスロよりも不安定なワケで。
仕事というよりは「投資」という感覚が近いのだろうか。


いずれにしても未だ「確実性」を求めることは出来ないが、「半信半疑」からは「確信」へと確実に向かっている段階だ。


先週から今週にかけても成功者の声をもとに、ネットサーフィンで得た情報を頼り、ナンバーズやロトを購入した。


そして


ロト6 第1483回
2020年5月18日抽せん

3等 372,500円


この調子だと5月中に累計200万は当選しそうな勢い、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いというものだ。


闇雲にネット検索していた頃が懐かしい。まだ一ヶ月程度しかたっていないが、自分の人生がここまで動くとは思いもしなかった。

ちなみに自分が参考にしているのは下記の口コミサイト



敢えてもう一度言おう。
飛ぶ鳥を落とす勢いとはまさにこのことだ。

もちろん、少なからず当たりはずれはある。正直にそれだけは言っておく。
パチンコパチスロ同様、やる以上は自己責任、他人のせいにしてまでやる必要は無い。



ただ、「脱・パチンコ」を掲げる同志たちの為にも、ナンバーズやロトには期待せずにはいられない。


hokuten1.jpg


つづく

にほんブログ村 小遣いブログ ロト7・ロト6・ミニロトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



死に至る病、そして

ロト・ナンバーズ
05 /13 2020
raiden.jpg


コロナ禍の真っ只中、葛藤の中で未だ遊技台と向き合う自分の姿に嫌悪感と、この抜け出せない負の螺旋にはまった苦しみを・・・

・・・否、正直に言おう。

今日もパチンコ屋に来ている客は誰一人そんなことを考えていないだろう。

かく言う自分は「経験上、ほぼ確実に勝率が上がるイベントを開催する」話を入手してしまい、日銭を稼ぎにやってきた訳だ。

もちろん自身の根城、ホームである遊技場の一つが同イベントを強行するという話だった。

もちろん、公にされた話ではなく、一定のルートからのリークである。

ここで多くは語れないが、主にパチスロ特定機種のいわゆる設定等の条件が良くなることは間違いない。

自分はこのいわば「裏」イベントに於いて、目安として「出玉1500枚」を自身の稼ぎの上限としている。

実際の収支は3万円に満たない事が殆どだが、我々がただの「無職・常連客」として遊技場から認識されていなければ、つまり「プロ」ろ見られてしまった段階でその店に出入りすることが出来なくなる。

大勝ちすることもあるが、深追いせずに勝ち続けることがプロの所為。

周囲の目や、ハイエナ狙いを尻目に本日のプロ活動を終了した。


基本的にこうした「勝ち分」が生活費になるのだが、自分の場合は幸いにも家、車を所有している。さらには独身オヤジだ。

それもあって手取り20万円程度で静かに暮らすことは可能といえば可能なのだ。

しかし、5月、本日までの収支はプラス10万

遊技場の営業に左右されるし、毎回確実に勝てる保証はない事を考えると、本当に未来は暗い。


だが


自分には


ライデン早田には


ロト・ナンバーズがあるではないかっ!!



第5432回 ナンバーズ4
ストレート 824,600円


きた、遂にきたぞ!!


ここ一ヶ月らず、まとまった大当たりを手にしたものの、いまだ実感は湧かなかった。
だがどうだろう、そのうち直近の一週間程度でこの結果だ。

これは自分も気が付いていないうちに「脱・パチンコ」へのカウントダウンがどんどん進んでいるのではなかろうか。

口座に当せん金が振り込まれるのを楽しみに、今日も成功者の生の声を頼りに、数字選択式宝くじを予想していくのだった。




あと、死には至らないモノの、長時間の座位がキツイ、「痔」という深刻な職業病が再発したので明日は病院です。

ライデン早田は肛門科の女医にいろんなモノを盗まれている。という設定で羞恥心を既に捨てた。


cats2.jpg



にほんブログ村 小遣いブログ ロト7・ロト6・ミニロトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

柳の下の泥鰌、、、

ロト・ナンバーズ
05 /12 2020
raiden.jpg


コロナ感染者数の減少により自粛要請にもかかわらず営業を再開している我らパチプロスロプロのホーム、パチンコ屋が後を絶たない。
ただでさえ印象が悪いなか、客足も衰えず、まったく何と言って良いのやら。

かく言う自分も、開店しているのなら仕方ない、程度の罪悪感のみを背負い、足繁く根城に通うわけだが。
しかし、何度でも言おう。

一般パチンコパチスロファンや依存客は「絶対に勝てない」のだ。
今日もパチンコ屋に行列を作った張本人たちの殆どは、パチンコ屋さんや一部のプロたちの「養分」になっている自覚を持った方がいい。
プロの自分が言うんだ、間違いないだろう。

「俺は収支※※万プラスだから」
「一日最高で※※万買ったことがあるから」

そんなもの幻想だ。
自分の胸に手をあてて、今日まで一体幾らの無駄金を使ったのか問うてみるといい。
数百万に及ぶ大金をドブに捨ててきた、その事実を受け止める勇気をもって。


omise.jpg


パチプロやスロプロは実在する。
ただ、近年で言えば月間収支でプラス30万以上のプロはほんの一握り。10%に満たないだろう。

「俺はもっと稼いでいる」と声を荒げるパチンコファンもいるだろうが、動画配信での収益などをすべて除き、さらにはパチンコによる収入からきちんと納税していることが前提だ。

義務を果たしてこそプロ。「働け」と言われるかもしれないが個人事業主として帳簿をつけて納税を行っている以上、やはりこれは仕事と呼ぶほかないのだ。

その点で、自分はパチンコファンや依存症客をどこか見下していたかもしれない。
そして、今の自分の生き方を肯定する材料にしていたのだろう。


自分は動画配信の協力で報酬を得ていたし(今もたまに)、別名でパチンコパチスロライターとして執筆することもある。
しかし、自分の収入においてその9割以上を占めるのがこのパチンコパチスロで得た特殊景品の売却によるもの。

しかも年々納税額も減ってきている。
家があり、車があり、貯蓄があるのは全てパチンコ・パチスロのお陰

だが、それしかない。

本当に何もない。
声を大にして言うようなことではないが、この年で彼女いない歴=年齢、素人童貞だ

何のためのファミリー向けマンションだ。
誰を乗せるためのミニバンだ。


一年の殆どを日本全国のどこかしらのパチンコ屋で過ごし、身体や家や車もタバコ臭い。爪もヤニで黄ばんでいかにも不潔。

肺も真っ黒。コロナにかかったら間違いなくオダブツだろう。

・・・変えたい。
人生もとうに折り返し地点を過ぎ、自分自身の最後の挑戦だ。

 
脱、パチンコ。
このブログを立ち上げてから毎回言っているが、まだそれは叶っていない。

日々の生活費を稼ぐ、ある種の依存症だろう。
だが、お気づきの通り、本当に一歩ずつ、「脱」に向けて動き出していた。


数字選択式宝くじであるナンバーズ・ロトに於いて、自分、バーコード雷電は確実に手ごたえを感じていた。
完全に諦めていたAGA治療でさえも、前向きな検討から一歩踏み込み治療を開始できるほどの「安定収入」となりうるほどに(笑)


先日の約50万円の当せんにより、気持ちが相当大きくなった。



このライデンが、こうした大当たりを手にすることとなったのは実力でもただの運でもない。
遂に明かす時が来てしまったが、まあそれほど大げさにする必要もないか。

チートとまでは言わないが、諸先輩方の軌跡を追いかけることで、実際に大当たりを手にすることになったのは事実。
となれば、同じ悩みを持つ同志達に、この軌跡を辿るchanceを残したい、今はその一心だ。


com.jpg

このサイトを参考に、新たな人生の一歩を踏み出したわけだ。
既に何歩かは踏み外し、多少の精神的ダメージは受けたが、今のところ成功と言っていいだろう(笑)


尚、この間もライデン早田の各種挑戦は進行していることをお伝えしておこう。
自分は、必ず「脱・パチンコ」を成し遂げる。
そしてその日はそう遠くないと思っている。


marine4.jpg


つづく


にほんブログ村 小遣いブログ ロト7・ロト6・ミニロトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

日進月歩、今はまだ焦るような時ではない。

ロト・ナンバーズ
05 /08 2020
raiden.jpg


緊急事態宣言が月末まで延長となったが、我々の拠点となっているパチンコ屋は一部営業再開となった。
単純に収入源であるパチンコ屋の再開は嬉しい反面、手放しで喜ぶことは出来ないのが今の世の中。

コロナ禍の中で、パチプロやスロプロはこそこそと生き抜いている。
自分も同様に、非難を浴びつつも拠点で遊技台と向き合っていた。
この日、60人余りが遊技台と向き合っていたが、夕刻には閉店となっていた。

タバコも吸えない、コロナ批判もあるとなれば、単純な収入を求めるプロのほか、一部の依存客のみが「黙々と」遊技台とにらめっこを続けていた。


amaterasu1.jpg


正直言って、普通に打っていたら勝てる見込みは無い。
自分は店の「クセ」も頭に入れたうえで「日当1万円」を目標に「絞った行動」で自ら課したノルマを達成した。
しかし、この時期に店が勝たせてくれる訳もなく、遊技客の殆どは無残な退場といっても過言ではない。

そうした「養分」を尻目に自分は拠点となった遊技場を後にした。
そして近隣の駐車場に止めたマイカーで今日も「例の」ネット検索を黙々と行う。


「第5420回 ナンバーズ3 ストレート当せん」で気をよくした自分は、今日もナンバーズの予想を吟味する。


この当せんは自身の予想ではなく、こうした数字選択式宝くじの予想を専門とする「情報サイト」のものだった。
もちろん、「まぐれ」だろう。パチンコパチスロ、競馬に競艇、いずれにしてもこうした「情報サイト」は総じて「マユツバ」だ。

だが、一度の「マグレ」は自分の「気」を大きくしてしまうものだ。

「よせばいいのに」と自分でも思いつつ、今日もネットでナンバーズを買うのだった。
しかも、例の当たりで気をよくしたのか、この日は「ナンバーズ4」。いつもの「ナンバーズ3」に比べて予想難易度も高く、当たった時の金額も跳ね上がる。


そして。今朝のことだ。
今朝はパチンコ屋にいくのを止め、ゆっくりと過ごしていた。特に急ぐ理由もなかったので、昨日の抽せん結果をまだ見ずにいた。
一時にしてしまうともう気になって仕方がない。
遅めの朝食を取りながら、みずほ銀行の公式ページをチェックする。



そして・・・



「第5429回 ナンバーズ4 セットストレート当せん」
495,800円の当せんだ。


淡い期待と疑心暗鬼が入り混じった昨夜から、明けてみれば驚愕の結果。
厳しかった先月のパチンコ・パチスロ収支を超える約50万の大当たり。

しかも、パチンコパチスロと違い「税金が掛からない」というオマケつき。


・・・時はきた。それだけだ。


tokiha10.jpg



この厳しいパチンコパチスロ時代に一筋の光が差し込んで見えた。
いや、これはもうパチンコパチスロとの決別の時なのではなかろうか。


いや、まだだ、ここで焦っては事を仕損じる可能性も大いにある。
もう少し様子を見なければ今はまだ何も語れない。語るべきではないだろう。


毎日一人、二人と自分のこのブログを読んでくれる方の為にも、もう少し様子を見ながら、自身の脱パチンコを一緒に成し遂げたいと思う。
正直今はまだ不安。だが、この一筋の光が自分を変えてくれる、そんな気がしてならない。



つづく





にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び

ロト・ナンバーズ
05 /01 2020
raiden.jpg


パチプロ、スロプロに厳しい時代になってからも、日の目を浴びずに生きてきたわけだが、正直このコロナの騒動でどうにもならなくなった。
根城、食い扶持であるパチンコも規制されては我々のようないわば「パチンカス」は駆逐されるのみ。

ただでさえ印象の悪いパチンコ業界。

そんな中、神奈川県某所、ひと際愛国心の強い、目立つパチンコ屋へと遠征したのだが。


amaterasu1.jpg


マスク必須、消毒必須、台と台の間隔含め、万全の態勢だった。
他のどの店もここまではやっていない。
実際に代を潰して、稼働率を下げて営業しているので、営業していてももちろん赤字だろう。


今の状況を考えれば十分に「繁盛」している。
パチンコ中毒者をはじめ、皆必死に台と向き合っている。


だが、当然だがそれだけでは「勝てない」のだ。

持ち金ゼロで退場⇒消毒⇒開放⇒即埋まる

自分が遊技台にありつけたのはもう11時。
関東各地から遠征に来た者も多いそうだ。


この日、自分は諸経費諸々こみでわずか11K勝ち。


・・・潮時だな。


今までもこう考えたことは何度も何度もあった。
このまま結婚も出来ず、パチ屋に入り浸り、タバコ臭にまみれ、それでもきちんと納税だけはしている事だけが自分にとっての支えでもあった。

いつか家庭を築くだろうと、3LDKの中古マンションも買った。もちろんキャッシュだ。
それほど稼げていたんだ。


それがこの有様。
結婚どころか毎日の生活への不安に押しつぶされそうだ。



・・・だが、そんな自分に一筋の光が差し込んだのはつい先日。

そう、「第5412回 ナンバーズ3 ストレート当せん」のあの日、自分の新たな人生の第一歩を踏み出した瞬間だった。


あの時外れたスーパーリーチが、自分に初の宝くじ当せんを届けてくれた。
パチンコが最後に、こんな自分に与えてくれたチャンスなのではなかろうか。


raidenkeiji.jpg


いや、そんなわけはない。


現に、あれから何かに導かれるように数字選択式宝くじ、いわゆるロトやナンバーズを買っているが、掠りもしていないのだ。

だが、あの当たった時の喜びは、なんだ。
どの演出よりも興奮した。


光のを待つだけでもなく、何かしら自分で選んだ数字が「当たり」になる。


ちなみに試した数字は言わずもがな「777」や「555」などの確変数時だ。
あとからわかった事だが、まあこれでは当たるわけもない。

ヘソに入れる、レバーを叩く、それによって立つフラグを待つのではなく、自分の選んだ数字が当たるかどうか。
同じようで違うし、違うようで同じのような気もする。


あの当たりをまた体感したい。
ネット購入できるように準備も万端だ。
どうしてもまた当てたい。


そして自分は禁断の技、そう【ネット検索】に手を染めてしまったのだった・・・(笑)


もちろん、自分の業界同様、マユツバな話ばかりが目に付く。
まぁそんなものだろう。


面白そうなものを何個かピックアップしつつ、車のシートリクライニングを倒して物色する。
ナンバーズ3を計10点買った。



そして



「第5420回 ナンバーズ3 ストレート当せん」



待望の当せんだ!!
渾身のガッツポーズ。


今月2度目の大当たりだ。


このまま・・・
このまま、この当せんの余韻に浸っていたい。


がしかし、自分も解っている。
ここ数回の外れで理解はしたつもりだ。これは「まぐれ」であると・・・ッ!!


そして屑とは言え、実質的にもプロである以上、新たな退けない戦いが火ぶたを切ったのだった。




つづく



にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

raidenhayata

パチンコ屋が禁煙になった。コロナで営業していない店も増えた。我らパチプロ&スロプロの未来は…。
もはや、引退しかないのだろうか。少なくとも20年間、3号機、4号機、5号機、6号機と、パチンコ&スロットを生活の基盤としていた俺に生き残る術は…。
40代半ば、今から「未経験」の人生を歩むその覚悟と険しい道のりを記すブログ。
脱!パチンコ&パチスロ宣言物語の始まりである。