臥薪嘗胆、否、勇往邁進である!

ロト・ナンバーズ
05 /20 2020
raiden.jpg


業界は変わった。
大衆の遊び場だったパチンコ屋はタバコさえ吸えなくなった。


業界は変わった。
駅前のパチンコ屋はコロナ禍に巻き込まれ続々休業、さらには閉店も続出している。


業界は変わった。
時代が流れ、規制や色物だらけの6号機で喰うに食えない機種だらけ。



しかし、ヒトはまだ変わることが出来ずにいる。
そう、自分、ライデン早田も生え際が見つからなくなるほど後退し(自虐)、緊急事態宣言が解除された地域に遠征をしているのだった。

自粛警察の皆さん、パチンコ屋さんに止めてある私の車には何もしないでくれて有難うございます
っていうかパチンコ屋さんに止めてある車は全部パチ利用客だし、自粛警察ごっこには興味も持っていないのか。
アドバイスに従って「※※市内在住です」という張り紙をしておいたが(恥)


なぜそこまでしてパチンコ屋に行くのか?だって?
答えは簡単、パチンコパチスロが食い扶持だから。それだけだ。
持ち家や自家用車があれば、この時期には税金のお知らせが届くのだ。


独身ゆえ、多少の貯蓄はあれど固定資産税や自動車税の金額にはビビるのである。冗談抜きに。


一部地域が緊急事態宣言が解除され、一部地域ではパチンコ屋さんが営業再開しているわけで。
貯金額の増減にビビりつつ、5月も最低でも30万は利益が必要なワケだ。


現状、プラス19万。
ジリ貧である。

このところ、一進一退で忍耐力や自尊心、そして残りの髪の毛がどんどん抜けていく。

毎回ブログを更新するたびに言っているが、


もう本当にダメ。限界。

gaiji.jpg


といっても簡単にどうにかなるものでもないし、パチ屋がイベントでバカ出しする見込みもないし、言ってみれば40代、無職の禿が今から就職できるほど世の中は甘くないのである。

ということで、お約束の数字選択式宝くじなのである。



いや、これがまたかなり効率が良い。
当たれば数万から数百万まで、さすが数千万や億という話ではないが、自分、ライデン早田は既にパチンコパチスロ収支よりも圧倒的にロトやナンバーズの当たりによる収入が増えている。


ただ、毎日必ず当たるわけでもないし、仕事としては不安定、どうかするとギャンブルであるパチンコパチスロよりも不安定なワケで。
仕事というよりは「投資」という感覚が近いのだろうか。


いずれにしても未だ「確実性」を求めることは出来ないが、「半信半疑」からは「確信」へと確実に向かっている段階だ。


先週から今週にかけても成功者の声をもとに、ネットサーフィンで得た情報を頼り、ナンバーズやロトを購入した。


そして


ロト6 第1483回
2020年5月18日抽せん

3等 372,500円


この調子だと5月中に累計200万は当選しそうな勢い、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いというものだ。


闇雲にネット検索していた頃が懐かしい。まだ一ヶ月程度しかたっていないが、自分の人生がここまで動くとは思いもしなかった。

ちなみに自分が参考にしているのは下記の口コミサイト



敢えてもう一度言おう。
飛ぶ鳥を落とす勢いとはまさにこのことだ。

もちろん、少なからず当たりはずれはある。正直にそれだけは言っておく。
パチンコパチスロ同様、やる以上は自己責任、他人のせいにしてまでやる必要は無い。



ただ、「脱・パチンコ」を掲げる同志たちの為にも、ナンバーズやロトには期待せずにはいられない。


hokuten1.jpg


つづく

にほんブログ村 小遣いブログ ロト7・ロト6・ミニロトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



raidenhayata

パチンコ屋が禁煙になった。コロナで営業していない店も増えた。我らパチプロ&スロプロの未来は…。
もはや、引退しかないのだろうか。少なくとも20年間、3号機、4号機、5号機、6号機と、パチンコ&スロットを生活の基盤としていた俺に生き残る術は…。
40代半ば、今から「未経験」の人生を歩むその覚悟と険しい道のりを記すブログ。
脱!パチンコ&パチスロ宣言物語の始まりである。